【新鮮な野菜を選んで食べよう】体作りに大切な新鮮野菜の選び方

私たちが毎日のように食べるのが野菜です。

健康な体づくりに野菜は必要不可欠です。

そんな野菜ですが、スーパーに行くとたくさんの野菜が並んでいますよね。

また野菜を買う時、何を基準にどうやって選んでいますか?

普通に並べられている野菜を適当に上から取っていませんか?

自分や自分の家族が口にする食べ物です。

どうせなら少しでも新鮮でいいものを食べたいですよね。

そこで今回は新鮮な野菜の選び方についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新鮮な野菜の選び方

キャベツ

新鮮なキャベツは中身がしっかり詰まっていて、持った際にどっしりと重たく感じます。

また外観は外側の葉が大きく色が綺麗な緑色をしていてツヤもあります。

持った時に軽く感じたり、外側の葉の色が傷んでいたり、黒ずんでいる場合は買うのを控えた方がいいでしょう。

レタス

新鮮なレタスの特徴は、持った時にふわっとしていて軽いものがおすすめです。

外観はツヤがあり、葉がみずみずしくハリのあるものがいいでしょう。

レタスは重くてずっしりしているものを選ぶと苦味が出たり、硬い食感になってしまうことがあるので注意してください。

ほうれん草

新鮮なほうれん草は色が鮮やかな緑色をしていて、みずみずしくハリがあります。

また葉が肉厚で葉の密度が高く、葉の大きいものがおすすめです。

葉にハリがなかったり変色している場合は、新鮮ではない可能性が高いので注意してください。

白菜

新鮮な白菜は持った際にどっしり重いものがおすすめです。

葉の先端までチェックし、ぎゅっと葉が詰まっているほうが新鮮です。

切り口は白くみずみずしいものを選ぶようにしましょう。

変色しているものは、鮮度が落ちている証拠です。

カットされているものも断面からみて葉がしっかりと詰まっているか確認してください。

小松菜

新鮮な小松菜も葉が濃い綺麗な緑色をしています。

葉にもハリがあり、茎がスッと伸び適度にボリュームのあるものがみずみずしく柔らかくなります。

葉がしなびているものや変色しているものは避けるようにしましょう。

オクラ

新鮮なオクラも色が濃く綺麗な緑色をしています。

サイズはあまり大きくなく、少し小さめの方が美味しくなります。

産毛がしっかりと残っているものの方が新鮮で、切り口などが茶色く変色しているものは避けてください。

大根

大根を選ぶ際のポイントは葉です。

葉が綺麗な緑色でピンと立ち、ハリのあるものがおすすめです。

葉がない場合は表面が綺麗で白いものを選んでください。

また持った際にずっしりと重みのある方が新鮮で美味しいです。

鮮度が落ちると葉や表面の色が悪かったり、水分が抜けて軽く感じます。

にんじん

新鮮なにんじんは表面の色が赤みがあり鮮やかで滑らかです。

また切り口の丸い部分が小さいほど、芯まで柔らかくみずみずしく美味しくなっています。

表面に傷のあるものや、切り口が大きいものは避けるようにしましょう。

ごぼう

新鮮なごぼうはひげ根が少なく、表面はキメが細かく乾燥していないものがおすすめです。

また持った時に曲がるものは乾燥して水分が少なくなっていて、新鮮でないので避けましょう。

じゃがいも

新鮮なじゃがいもは皮が薄く、表面が滑らかでふっくらとした形をしています。

皮は新鮮なほど薄く、指で握れば皮が剥がれそうになるのがおすすめです。

あまり大きすぎるものではなく、中玉くらいの大きさがベストです。

芽が出始めているものは、栄養分を取られて味が落ちます。

玉ねぎ

新鮮な玉ねぎは持った際にずっしりとした重みを感じます。

硬く締まってるものは水分を含んで、みずみずしくなっています。

表面に傷があったり、軽いものは鮮度が落ちるので注意してください。

トマト

新鮮なトマトはお尻をみて、白い放射状の線が走っているものは味がいいといわれます。

また表面の皮がパンっと張ってヘタが緑色のものは新鮮な証です。

皮が柔らかいものは鮮度が落ちているので選ばないようにしましょう。

きゅうり

新鮮なきゅうりは表面にハリがありみずみずしく、色は濃い緑色をしています。

全体的に太さが均一で両端が硬いものがおすすめです。

表面が乾燥しているものや、傷があるものは避けましょう。

ピーマン

ピーマンもトマトと同様に表面の皮がパンっと張っているものが新鮮です。

また持った際に重みがあるほうが、肉厚で水分を含んでいるのでみずみずしくなっています。

切り口をチェックし、変色していないかどうかも確認しましょう。

変色しているものは選ばないように注意してください。

なすび

なすびも表面の皮のチェックは欠かさないようにしましょう。

皮にハリがあるほうが新鮮です。

皮がしなびいると中の身がスカスカで美味しくありません。

また切り口も要チェックです。

変色しているものは避けるようにしましょう。

ヘタの部分に棘が残っているのも新鮮な証拠です。

アスパラガス

新鮮なアスパラガスは綺麗な緑色をしていてみずみずしくハリがあります。

茎が太くしっかりしているものがおすすめです。

切り口をみて、変色や乾燥があれば選ばないようにしましょう。

アボカド

すぐに食べれる新鮮なアボカドは色が黒くて卵形のものがおすすめです。

数日置いてから食べるという場合は、皮が青くて硬めのものを選び、皮が黒くなって柔らかくなってきたら食べるようにしてください。

保存する場合は常温でするようにしましょう。

熟しているものを保存する場合は冷蔵庫の方が熟成がとまっていいのですが、風味が悪くなるのでできれば避けたほうがいいでしょう。

ブロッコリー

新鮮なものは濃い緑色をしていて全体的ふっくらしていて中央部がこんもりと盛り上がっているもの、つぼみの密度の濃いものを選ぶのがおすすめです。

また茎がしっかりと残っていて、切り口が変色していないもの、黒ずんでないものが新鮮です。

つぼみの色が変色していたりまだらなものは鮮度が落ちているので注意してください。

ゴーヤー

新鮮なゴーヤーは色が濃い緑色で、持った際にずっしりと重いものがおすすめです。

また表面のイボが硬くハリがあり、イボの密度が高いもの、イボの大きさが揃っているものがおすすめです。

表面が傷ついていたり、イボが潰れているものは選ばないようにしましょう。

苦味が特徴のゴーヤーですが、苦味が強いほうが栄養価は高くなります。

表面の緑色が濃くイボが小さいほうが苦味が強く、緑色が薄くイボが大きほうが苦味が少ないといわれています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

新鮮な野菜の選び方をご紹介してきました。

ビタミンやミネラル、食物繊維の摂取において野菜は欠かせません。

また同じ野菜でも鮮度が違うだけで味や栄養価が大きく変わってきます。

新鮮な野菜を選び、より料理が美味しく体も健康になれば言うことなしですね。

ぜひこれを参考に新鮮な野菜選びをしてみていてだければと思います。

野菜からビタミンの摂取が足りていない方はサプリがおすすめ

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

合わせて読みた記事はこちら

【食物繊維の効果】食物繊維の多い食べ物を摂取するとこんなにもいいことが!
【キャベツダイエット】キャベツのカロリーは?キャベツダイエットの効果とやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーソナルトレーニングジム「 The Body Professional 」を経営。小学生から高齢者まで年間延べ2000人のダイエットや体作りをサポート。ダイエットに成功する人が必然的にやっているルールを実践するだけで気付いた時には痩せている。そんな状態を作り出す『ベストスタイルダイエット』を全国に広めるために活動中。ブログ以外でもオンラインでダイエットサポート中。
◆柔道整復師 ◆鍼灸師 ◆パーソナルトレーナー