EPAとDHAの効果とサプリの摂取方法やタイミング

EPAとDHAが体にいいという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はこのEPAとDHAについて詳しくみていこうと思います。

✔️この記事の内容

「EPAとDHAの効果は?」
「サプリは効果ある?」
「どれくらい摂取すればいいの?」

などの疑問を解消できる内容になっています。

では早速みていきましょう。

EPAとDHAの効果とサプリの摂取方法やタイミングについて

EPAとDHAは魚に含まれる必須脂肪酸の一種です。

EPAとは

EPAとはエイコサペンタエン酸といって、サバやイワシなどの青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸です。

マグロやさんまにも含まれます。

これらの魚にEPAとDHAが多いのは、食物連鎖の過程でEPAやDHAが魚の体内に蓄積されるからです。

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸で体内では作ることの出来ないものです。

EPAは体内でプロスタグランジンという物質に変化し血液をサラサラにし、抗血栓作用やコレステロールや中性脂肪を下げたり、血圧を低下させる作用があるといわれています。

DHAとは

DHAはドコサヘキサエン酸といって、こちらもサバやイワシなどの青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸です。

DHAは脳や網膜などの組織を構成する成分でもあります。

脳などの神経組織の発育、学習能力の向上や運動神経の発達にも役立ちます。

DHAの働きにより、情報の伝達性を良くし細胞を活性化させるのです。

EPAは大人、DHAは子供に積極的に摂取するのがいいと考えられています。

EPA、DHAの1日摂取目安量

年齢 男性 女性
30〜49歳 2100mg 1600mg
50〜69歳 2400mg 2000mg
70歳以上 2200mg 1900mg

を目安に摂取することを厚生労働省は推奨されています。

EPA、DHAの摂取方法について

サバやイワシなどの青魚を食べるとEPAやDHAが摂取できます。

旬な時期に食べると、よりEPAやDHAが豊富で効果的です。

しかし、注意点があります。

それは調理法です。

例えば焼き魚にするとEPAやDHAの20%が失われてしまいます。

これがフライにして揚げた場合だと、EPAやDHAが50%も減少してしまうのです。

最もEPAやDHAの摂取にいいのは刺身として生で食べることです。

煮魚などにして食べる場合は、調理の際に出た煮汁にEPAやDHAが含まれているので、煮汁も一緒に食べるのがいいでしょう。

またEPAやDHAは酸化にも弱いので、新鮮なうちに摂取するのがおすすめです。

サプリを摂取するタイミング

サプリを摂取するなら、食後がおすすめです。

1日3回食後に摂取しましょう。

その中でも特におすすめなのが朝です。

朝に摂取することによって、脂質の代謝が上がるのでダイエットに効果的です。

EPA、DHAの含有量ランキング

EPA
マグロ 3200mg
サンマ 2800mg
サバ 2300mg
DHA
サバ 1600mg
サンマ 1500mg
キンキ 1500mg

EPAのダイエット効果に注目

EPAにはダイエット効果があるともいわれます。

EPAを摂取することで「GLP−1」というホルモンの分泌が促進されます。

このホルモンは小腸で分泌され、食後の血糖値の上昇を抑える作用があります。

またGLP−1には満腹中枢を刺激する役割もあるので、食欲を抑え食べ過ぎを防いでくれます。

またEPAが中性脂肪を減少させてくれる効果を持つのは、先ほどもお伝えした通りです。

サプリの活用がおすすめ

これほど体にいい影響をもたらすEPAやDHAですが、毎日のように魚を摂取するのは難しいと思います。

またEPAやDHAが体にいいからとはいえ、毎日魚を食べると過剰なカロリー摂取にもなりかねません。

またコストもバカになりませんよね。

そんな時におすすめなのがサプリメントを活用することです。

サプリであれば毎日、気軽にどこでも摂取できますし過剰なカロリー摂取の心配もありません。

過剰摂取の副作用は?

体にいいからといって摂取のし過ぎには気をつけましょう。

考えられる副作用としては、余分カロリー摂取に繋がりダイエットの妨げになったり、吐き気や下痢などの症状が出ることもあるので注意が必要です。

おすすめのサプリメント

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

バルクスポーツ バイオメガ3 EPA&DHA含有フィッシュオイル 180カプセル

マイプロテイン オメガ3(フィッシュオイル) 90カプセル

EPAとDHAについてのまとめ

EPAとDHAについていかがだったでしょうか。

EPAとDHAは体内で作ることのできない脂肪酸であるため、食事やサプリから摂取する必要があります。

EPAとDHAには様々な体に嬉しい効果が期待できますので、意識的に摂取することをおすすめします。

合わせて読みたい記事はこちら

【くるみの効果】ダイエットにも使える?くるみの驚きの効果とは
脂肪燃焼サプリCLAの効果と効果的な飲み方【ダイエットサプリ】
カルニチンの効果と効果的な摂取方法【脂肪燃焼】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーソナルトレーニングジム「 The Body Professional 」を経営。小学生から高齢者まで年間延べ2000人のダイエットや体作りをサポート。ダイエットに成功する人が必然的にやっているルールを実践するだけで気付いた時には痩せている。そんな状態を作り出す『ベストスタイルダイエット』を全国に広めるために活動中。ブログ以外でもオンラインでダイエットサポート中。
◆柔道整復師 ◆鍼灸師 ◆パーソナルトレーナー