テストステロンの分泌を増やす7つの方法【筋トレは必須】

✔️この記事の内容

「筋トレして筋肉をつけてかっよくなりたい。テストステロンの分泌をよくするにはどうすればいいの?テストステロンの分泌を増やす方法を教えて!」

このような悩みにお答えします。

テストステロンは男性ホルモンともいい、男性らしい体を作る上では欠かせないホルモンです。

テストステロンは筋肉の成長以外にも、精神の安定や性欲減退の予防、骨密度の増加や余分な脂肪をつけないなど様々な役割を担ってくれます。

今回はそのテストステロンの効果や、テストステロンを効率よく分泌し男らしい体型を作るためにはどうすればいいのか詳しくみていきたいと思います。

では早速みていきましょう。

テストステロンの分泌を増やす方法

筋トレをする

まずは何と言っても筋トレは必須です。

筋トレの中でも高重量をあつかう種目や、下半身などの大きな筋群を使う種目はテストステロンの分泌を促進するのにおすすめです。

またしっかりと限界まで追い込むことも重要です。

ちなみに有酸素運動でも効果はありますが、有酸素運動よりも筋トレの方が効果的です。

質の良い睡眠をとる

テストステロンは睡眠中に分泌が高まります。

できれば睡眠は7時間は取れるようにしましょう。

さらに質の良い睡眠もテストステロンの分泌を促進します。

また睡眠不足はストレスにもつながり、ストレスはテストステロンの分泌を妨げることがわかっているので注意が必要です。

ストレスを発散する・溜めない

ストレスはテストステロンの分泌を妨げる最大の原因とも言われています。

加齢を重ねるとともに、テストステロンの分泌は低下するといわれていますが、若くても過度のストレスを受けると高齢の方よりも分泌量が少ないということもあります。

できるだけ普段の生活からストレスを貯めないように気をつけてください。

またストレスの発散には適度な運動や十分な睡眠が欠かせません。

バランスのとれた食事やサプリを摂取する

健康的な食事もテストステロンの分泌を促します。

テストステロンはコレステロールが原料になるので、まずは良質なタンパク質を摂取しましょう。

体重× 1gのタンパク質の摂取を心がけてください。

お肉や魚、卵を摂取すると良いでしょう。

卵を食べ過ぎてコレステロールの過剰摂取になることを心配する方もいますが、近年の研究では卵をを多く食べたからといってコレステロール値は上がらないという結果が出ています。

それでも心配な方は一度、専門医に確認してください。

一価不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸の適度な摂取もテストステロンの分泌を促進させます。

オリーブオイル、アーモンド、ココナッツオイル、フィッシュオイル、MCTオイルなどがおすすめです。

その他にはあまり聞きなれないかもしれませんが、セレンもテストステロンの分泌を促進します。

セレンとは生体の抗酸化システムに重要な役割をしている栄養素です。

カツオやイワシ、玉ねぎやニンニクに多く含まれています。

逆にアルコールの飲みすぎはコルチゾールというストレスホルモンの分泌を促進し、テストステロンの分泌を阻害するので注意が必要です。

お酒は、ほどほどにしましょう。

マスターベーションを減らす

射精をする前に徐々に男性ホルモンであるテストステロンが一旦上昇しその後、射精時をピークにして下降するということがわかっています。

射精をしテストステロン値が下がると倦怠感や、やる気の低下が起こり筋トレに集中できなくなってしまったり、力が100%出し切れなかったりします。

普段、毎日しているなら3日に1回くらいに控えるのが良いでしょう。

そして筋トレの前には避けるようにしましょう。

ただし筋トレ前に興奮状態にすることは良いことで、射精さえしなければ良いという考え方もできます。

自分の好みの女性と話す

女性といっても、自分の好きな女性や好意を抱く女性と話すことが大切です。

そのような女性に好かれたい、認められたいと思い意識や意欲を持つことがテストステロンの分泌を促進します。

女性から好かれたり、認められるということは自分の存在価値が認められるということです。

それだけでテストステロンの分泌は増加するのです。

女性と話せるようになるし、筋トレの効果もアップするしとこれはやってみる価値がありそうですね。

チャレンジ精神を持って挑む

何かにチャレンジすることでテストステロンの分泌は促進されます。

チャレンジすることはとても刺激的なことです。

若いうちは、何事も初めてのことが多く自然と刺激があります。

しかし、だんだんと年齢を重ねていくと普段の生活でチャレンジすることや初めてのことがなくなり、生活がマンネリ化してきてしまします。

常に自分を競争や、闘争心を持つような環境に身を置くことで生き残るという人間本来の生存競争を煽ることでテストステロンの分泌を促すのです。

ボディビルのコンテストに出場し続けている人や、何かに向かって挑戦し続けている人、趣味に没頭している人をみて「若いなぁ。」「元気だなぁ。」と思われた経験のある方も多いと思います。

そのような若さや元気というのは、チャレンジ精神からくるテストステロンの影響が大いに関係しているのです。

テストステロンの分泌を増やす方法のまとめ

いかがだったでしょうか。

✔️テストステロンの分泌を増やす方法

・筋トレをする
・質の良い睡眠をとる
・ストレスを発散する・溜めない
・バランスのとれた食事やサプリを摂取する
・マスターベーションを減らす
・自分の好みの女性と話す
・チャレンジ精神を持って挑む

これらを十分に理解して、男らしいモテボディを目指してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーソナルトレーニングジム「 The Body Professional 」を経営。小学生から高齢者まで年間延べ2000人のダイエットや体作りをサポート。ダイエットに成功する人が必然的にやっているルールを実践するだけで気付いた時には痩せている。そんな状態を作り出す『ベストスタイルダイエット』を全国に広めるために活動中。ブログ以外でもオンラインでダイエットサポート中。
◆柔道整復師 ◆鍼灸師 ◆パーソナルトレーナー