【ダイエット】朝食を食べない人の3つの特徴【朝食は必須です】

「ダイエット中は朝食を食べたほうがいいって言うけど、朝からそんなに食べれないんだけどどうすればいいの?」

このような悩みや疑問にお答えします。

✔️この記事の内容

・朝食を食べない人の特徴
・改善策

これらについて解説していますので、是非参考にして頂ければと思います。

朝食べたほうがいい理由、夜に食べ過ぎないほうがいい理由は下記の記事に書いていますので参考にしてみてください。

朝食を食べない人の特徴

夜ご飯の食べ過ぎ

夜ご飯の食べ過ぎで、朝食がなかなか食べられないということがよくあります。

朝からごはんを食べられないという人は、夜ご飯の量を見直してみてください。

夜ご飯の量を減らして、朝起きたときにはお腹がの中が空っぽになってお腹が空いた状態で目覚めるようにしましょう。

理想は朝にお腹が空いて、早くご飯が食べたいとなっていることです。

改善策は夜ご飯の量を減らすことです。

夜ご飯の量は腹7分目を意識してください。

食事量のバランスはこちらの記事を参考にしてみてください

夜にお酒を飲み過ぎる

夜お酒を飲みすぎると朝食が食べれなくなります。

夜にお酒を飲みすぎると二日酔いになったり、朝なんとなく体がだるかったり、気分が悪かったりして食欲がないということを経験したことがある方も多いと思います。

また目覚めも良くないので、朝食を取る時間を確保できなかったり、休みの日であれば昼頃まで寝てしまうなんていうことにもなりかねません。

改善策は、お酒の量はほどほどにして飲みすぎないように注意してください。

自宅で飲むなら350mlの缶を2本までというように、飲む量をあらかじめ決めて飲むようにしましょう。

休肝日を設けることも大切です。

最低でも週に1回は休肝日を設けるようにしましょう。

朝起きるのが遅くて朝食を食べる時間がない

朝ギリギリまで寝ていると朝ごはんを食べる時間がなくなって朝食が食べれなくなります。

できるだけ、余裕を持って朝起きて朝食を食べる時間を作るようにしてください。

どうしても仕事などで帰るのが遅くなるという場合は仕方ないですが、改善策は夜早く寝ること。遅くまでテレビやスマホなどを見たり、お酒を飲みすぎないことが大切です。

朝起きれないのは前日の過ごし方がポイントになります。

夜遅くに寝る習慣がついてしまっている人は少しづつでもいいので、早く寝て朝食を食べる時間を確保できるようにしていきましょう。

まとめ

✔️朝食を食べない人の3つの特徴

・夜ご飯の食べ過ぎ
・夜にお酒を飲み過ぎる
・朝起きるのが遅くて朝ごはんを食べる時間がない

これらが当てはまる人は、下記を参考に改善してみてください。

✔️

・夜ご飯を食べすぎない
・夜は腹7分目にする
・お酒を飲みすぎない
・飲む量をあらかじめ決めておく
・夜早く寝る
・テレビやスマホを遅くまで見ない
・夜遅くまでお酒を飲まない

ダイエット中に朝食が食べられないという方は、是非こちらの記事を参考にしていただければと思います。

以上、朝食を食べない人の3つの特徴についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーソナルトレーニングジム「 The Body Professional 」を経営。小学生から高齢者まで年間延べ2000人のダイエットや体作りをサポート。ダイエットに成功する人が必然的にやっているルールを実践するだけで気付いた時には痩せている。そんな状態を作り出す『ベストスタイルダイエット』を全国に広めるために活動中。ブログ以外でもオンラインでダイエットサポート中。
◆柔道整復師 ◆鍼灸師 ◆パーソナルトレーナー