ダイエット後にリバウンドさせない3つの方法【失敗させません】

ダイエットに失敗するパターンは大き分けて2つあります。

1つはそもそも痩せることができずに終わってしまうダイエット。

そしてもう一つはせっかく痩せることができたのにもかかわらずリバウンドしてしまうダイエットです。

この記事では、

「痩せることはできたのに痩せた途端にリバウンドしてしまい、せっかく頑張ったダイエットが無駄になってしまった。どうしたらリバウンドせずに痩せた状態を維持できるの?」

というような悩みにお答えしていきたいと思います。

では早速みていきましょう。

ダイエット後にリバウンドしないようにするために

以前、ダイエットしやすい人の特徴をまとめた記事を書きました。

まとめるとリバウンドする人は下記のような特徴があります。

・我慢しすぎる食事制限
・食事だけでダイエットして運動を全くしない
・過度な運動をする
・ストレスの溜め込みすぎ
・継続ができていない

これらに当てはまるダイエットをしている人は要注意です。

ではリバウンドしないためにはどうすればいいのでしょうか。

週2回の筋トレは欠かさない

ダイエットする際も筋トレは欠かさないで頂きたいのですが、痩せた後も筋トレは継続してください

痩せた途端に筋トレをやめてしまう人がいるのですが、これは危険です。

理由は筋トレをしている間は、筋肉を使っているので代謝が高い状態を維持できます。

しかし、筋トレをやめてしまうと徐々に代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。

また痩せて筋トレをやめてもはじめのうちは体重が増えないことがあります。

体重は増えていないのですが、実は体の中は変化していて筋肉量が減って脂肪が増えてきた結果、体重は維持できているだけということがあります。

それも次第に筋肉が落ちきってしまうと、今度は脂肪が増え続ける一方で、体重が増えるということになってしまいます。

そのようなことにならないよう、週2回の筋トレは欠かさず続けるようにしてください。

糖質と脂質の摂取のし過ぎに注意

ダイエット中は食事にも注意していると思いますが、痩せた途端に食事が適当になり暴飲暴食してしまうことがあります。

その中でも特に糖質、脂質の摂取のし過ぎには注意しましょう。

ご飯や麺、パンなどの糖質や揚げ物などのし脂質はタンパク質に比べ太りやすくなります。

痩せた後も、お肉や魚、卵などのタンパク質、またサラダなどの野菜を中心に摂取することを心がけましょう。

食べ過ぎ、飲み過ぎた後はその前後で調節する

外食や付き合いなどで食べ過ぎや飲み過ぎてしまうこともあるでしょう。

それは仕方ありません。

たまには飲んで食べて騒いで、ストレスを発散することも大切です。

しかし、それが続いてしまうと次第にリバウンドしてくるのは当然ですよね。

食べ過ぎ、飲み過ぎた後はその前後の食事で調節するようにしましょう。

夜に飲み会があるなら、お昼ご飯を少し軽めにしておくとか、次の日の夜ご飯はいつも以上に少なめにするなどの調整をするようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上をまとめると、、、

・週2回の筋トレは欠かさない
・糖質と脂質の摂取のし過ぎに注意
・食べ過ぎ、飲み過ぎた後はその前後で調節する

これらのことに注意をしていれば、ダイエット後もリバウンドせずに痩せた状態をキープすることができるでしょう。

私のジムでも痩せて卒業されてからも、これらを守られている方は体重や体型をキープできていますが、残念ながらこれらを守れずに運動をサボったり、好き放題に飲み食いしてしまっている方はリバウンドしてしまっています。

リバウンドしないためにも、今回をご紹介した内容をぜひ意識してみてください。

合わせて読みたい関連記事はこちら

なぜダイエットに悩む人が多いのか【失敗から学ぼう】
ダイエットをするなら自宅かそれともジムへ通うべきか【比較】
ダイエット初心者はトレーナーをつけることをおすすめする理由
【ダイエット】継続できない人に読んでほしいダイエット方法
パーソナルジムとは|パーソナルジムに通うと本当に痩せるのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーソナルトレーニングジム「 The Body Professional 」を経営。小学生から高齢者まで年間延べ2000人のダイエットや体作りをサポート。ダイエットに成功する人が必然的にやっているルールを実践するだけで気付いた時には痩せている。そんな状態を作り出す『ベストスタイルダイエット』を全国に広めるために活動中。ブログ以外でもオンラインでダイエットサポート中。
◆柔道整復師 ◆鍼灸師 ◆パーソナルトレーナー