セロトニンの効果と分泌を増やす方法【セロトニンについて知ろう】

「セロトニンってどんな効果があるの?」
「どすればセロトニンの分泌が増えるの?」

このような疑問や悩みにお答えします。

✔️この記事の内容

・セロトニンの効果と分泌を増やす方法について
・セロトニンとは
・セロトニンの働き
・まとめ

セロトニンは心身の健康を保つ上でとても重要な役割をしています。

セロトニンついて知りたい方は是非この機会に理解を深めてはいかがでしょうか。

では早速みていきましょう。

セロトニンの効果と分泌を増やす方法について

セロトニンとは

セロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンから作られます。

私たちの体の中には10mgのセロトニンが存在していて、そのうちの90%以上が小腸にあり、血小板に8%、脳内に2%存在しています。

この脳内に存在するわずかなセロトニンが私たちの精神の安定、睡眠などに影響を与えています。

セロトニンが作られる過程

セロトニンは先ほどもお伝えしたように、トリプトファンが材料となり作られます。

このトリプトファンは豆腐や納豆などの大豆製品、ヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品にも多く含まれます。また卵やバナナ、ナッツにも含まれています。

このようにトリプトファンは多くの食材に含まれているので、規則正しい食生活ができていれば意識して摂取しなくても問題ありません。

そしてセロトニンを作るのにもう一つ大切な栄養素がビタミンB6です。

トリプトファンとビタミンB6からセロトニンは作られます。

ビタミンB6は豆腐や納豆などの大豆製品やバナナ、マグロやカツオ、レバーなどに多く含まれます。

これらを意識して摂取すると効率よくセロトニンを作ることができます。

セロトニンの働き

セロトニンの働きは大きく分けて3つです。

・腸での働き
・血液中での働き
・脳での働き

腸での働き

セロトニンの腸での働きは主にぜん動運動に働き便通をよくしてくれます。

血液中での働き

血小板に存在するセロトニンは止血に関与します。

出血するとセロトニンが放出され、血管平滑筋が収縮し血液を止めてくれるのです。

脳での働き

セロトニンが脳内に放出されると痛みを緩和したり、精神状態が安定したり、気分が良くなったりします。

セロトニンの働きの中でも最も私たちの生活に影響を与えるのは脳内でのセロトニンの働きです。
セロトニンの効果についてみていきましょう。

セロトニンの効果

・精神状態を安定させる
・覚醒させる
・痛みを緩和する
・食欲を抑制する

精神状態を安定させる

セロトニンが適切に分泌されることでネガティブな気分が解消されたりして精神状態が安定します。

覚醒させる

朝方になり睡眠が目覚める時間になるとセロトニンの分泌が増えてきます。

セロトニンの分泌が増えると、体が活動モードになります。

痛みを緩和させる

セロトニンは大脳皮質に痛みを伝達する痛覚の伝導路を抑制する効果があります。

食欲を抑制する

セロトニンには食欲を抑制する作用もあります。

ストレスを感じてイライラした時に甘いものが食べたくなってきたり、過食したりしてしまう人も多いと思います。

これはセロトニンの分泌が関与しています。

セロトニンを分泌させることでダイエット効果も期待できるのです。

セロトニンを効果的に分泌させるには

・日光に当たる
・運動をする
・人とスキンシップをとる
・早寝早起きをする
・バランスのとれた食事をとる

日光に当たる

日光に当たると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が弱まり、セロトニンの分泌が高まります。

朝方に日光を浴びることでセロトニンが分泌され1日を活動的に過ごすことができるようになります。

合わせて読みたいメラトニンについての記事はこちら
メラトニンの睡眠への効果とは|メラトニンが質のいい睡眠を生み出す

運動をする

一定のリズムやテンポで行う運動が効果的です。

ウォーキングやジョギング、サイクリング、筋トレやボクササイズなどが効果的です。

ヨガなどでリラックスしながら体を動かすのも効果的です。

人とスキンシップをとる

恋人や家族とスキンシップをとることでセロトニンの分泌は高まります。

話をしたり、手を繋いだり、ハグしたりするとオキシトシンが分泌され、そのオキシトシンがセロトニンの分泌を促します。

早寝早起きをする

日が昇ると目覚め、日が沈む頃には布団に入るような生活をしていると自然と体内のリズムが整いセロトニンの分泌が促されます。

バランスのとれた食事をとる

セロトニンはトリプトファンから作られるといったように、食事も重要です。

トリプトファンは豆腐や納豆などの大豆製品、ヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品、卵やバナナ、ナッツにも含まれていますが、それらはもちろんそれ以外の野菜などのビタミン、食物繊維やお肉、魚などのタンパク質をバランス良く摂取することが大切です。

くれぐれも偏った食事にならないように注意しましょう。

セロトニンの効果と分泌を増やす方法のまとめ

セロトニンに関する疑問は解消されたでしょうか。

セロトニンを効果的に分泌することで、体にとって嬉しい効果がたくさんあります。

そんなセロトニンの効果を最大限に発揮させるためにも、効果的に分泌させるための生活や食事を意識していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーソナルトレーニングジム「 The Body Professional 」を経営。小学生から高齢者まで年間延べ2000人のダイエットや体作りをサポート。ダイエットに成功する人が必然的にやっているルールを実践するだけで気付いた時には痩せている。そんな状態を作り出す『ベストスタイルダイエット』を全国に広めるために活動中。ブログ以外でもオンラインでダイエットサポート中。
◆柔道整復師 ◆鍼灸師 ◆パーソナルトレーナー